受動喫煙防止対策

 

私たちチームM&Iでは、空気環境の専門家として長年受動喫煙防止対策に取り組んできました。

 

昨今は東京オリンピックを契機に健康増進法の整備も進み、喫煙者にとってはなかなかに厳しい環境となりつつありますが、それは企業や店舗経営者にとっても少なからずの負担を強いることとなっています。

私たちは長年の実績と経験を活かし、下記のような喫煙環境コンサルティングを行っています。お気軽にお問合せ下さい。また、技術支援サマリーと実例レポートについても下記フォームからご請求ください。

 

1、喫煙室及び周辺の空気環境測定

 

一般的に受動喫煙防止対策では《浮遊粉じん量》と《気流》 の二つを重要視しますが、私たちは《一酸化炭素量・二酸化炭素量》及び《臭気》なども非常に重要なものと考えます。タバコを吸わない人からみたら、イヤなのは漏れてくるあの臭いと茶色いヤニ汚れなんですよね。

 そんなわけで、何はともあれ喫煙室と境界部分がどんな具合になっているのかを知ることこそ、対策の第一歩です。厚生労働省事業では機械を貸出て勝手に測らせていましたが、数字だけ出たところで理解など出来ようはずがありません。私たちは測定結果を基に原因の特定と対策指導まで責任をもって行います。

 

 

2、加熱式タバコへの切換え促進

汚いし煙たいし、前を通っただけで臭い…そんな旧態依然とした喫煙室のイメージからはかけ離れた「加熱式タバコ専用ラウンジ」が最近ずいぶんと増えてきました。その多くは私たちチームM&Iが関わり、施工前と施工後の調査はもちろん継続的なバックアップを行っています。

加熱式タバコのいいところは、室内環境の改善だけではありません。衣服や髪の毛への臭気付着を抑えるため、喫煙室から戻った人にまとわりつくタバコ臭も大幅に軽減しますので、周囲からの評判も上々。喫煙者・非喫煙者双方が気持ちよく仕事できる環境構築のため、私たちはタバコメーカーとも協業し日々活動しています。 

加熱式への切換えは、禁煙・卒煙への無理のない第一歩ともなります。

でも、実績のところにもあるように現状では都内大手企業様がほとんど。

これを地方の中小企業様にも広めていくことが、この先の私たちの仕事です。

 

※測定調査の料金は1回5万円(税抜き)となります。

喫煙所の室内・境界部・手前廊下など3~5か所を測定し、測定データと改善ポイントの解説などのレポートをお出しします(喫煙所数は最大5か所程度まで)。

 

※加熱式ラウンジへの切換え相談、測定データを基にした改修と助成金申請など別途承ります。

また社内健康委員会への出席や社員への啓蒙セミナーなども可能ですのでお問合せ下さい。

 

3、受動喫煙防止対策助成金等を使った改修支援

 毎年のことではありますが、厚生労働省では標記の通り受動喫煙防止対策助成金というものを拠出しています。対象は従業員数や資本金により中小企業限定となっておりますが、喫煙室の設置・改修等に概ね50%(飲食店は2/3)までの補助が出ます(上限あり)。

正確ではない情報を基に営業してくるリフォーム会社などもあるかと思いますが、長年この業務に関わってきた私たちにまずはご相談ください。単に喫煙室改修だけではなく、『労働環境改善』という観点から様々な支援をさせていただきます。

相談から現地調査・申請支援・測定・工事までをワンストップで行います。

 

相談会という名のお茶会へどうぞ

 

社内の喫煙環境をどうすればいいか…

北関東地域でそんなお悩みのある方は、まず宇都宮駅東でやっている私たちのお茶会にいらしてみませんか?

これまでの豊富な事例から、様々なアドバイスができると思います。

カフェスタイルですので、ドリンク代の500円だけお願いします(#^.^#)

お申込は下記フォーム、もしくはこちらのメールで。

問合せフォーム

受動喫煙防止対策は全国対応です。

お問合せは下記フォームにご記入の上送信してください。

会社名・部署・担当者名をご記載ください。

なお、本フォームは業務の発注やそれに係る問合せのためのものです。

それ以外のご意見等については対応しておりませんのでご了承ください。

「加熱式タバコの害ガー!」といったものは、許認可を司る厚労省や財務省へお願いします。

メモ: * は入力必須項目です

Maple leaf Co Ltd

◎住所:

栃木県日光市所野1541-1502

神奈川県座間市栗原中央4-3-17

  

◎連絡先

 コンサルティング専用     050-3608-0615

 

 ペンション専用 

  0288-53-2580

 

◎共通FAX

 0288-50-1086

 

◎E-Mail

info@maple-nikko.jp